英単語暗記のコツを知りたい

単語がなかなか覚えられない…

・文法は理解できるけど、単語の知識がネックになる…
・単語を頑張って覚えても、すぐに忘れてしまう…
・習った単語をその都度覚えるだけじゃダメ?

単語暗記は英語学習において必要不可欠です。
しかし、単語と言ってもその数は膨大であり、全ての単語を暗記するなど不可能です。
では、覚えるべき単語とそうでない単語はどう区別したらよいのでしょうか?
また、どうやったら効率よく覚えられるのでしょうか?
これらの疑問にお答えします。

1.中1・中2・公立志望の中3生

単語帳は不要です。
教科書に出てきた単語をその都度覚えましょう。
単語は、スペル(綴り)・意味・発音とアクセントをセットで覚えましょう。発音とアクセントを疎かにする人が多いですが、正しい発音で覚えないとリスニングやスピーキングで困ってしまいます。
覚えるために声に出すことは非常に有効です。どうせ声を出すなら、正しい発音とアクセントで行った方がいいのは言うまでもありません。
そして、各学年の教科書を学習し終えた時に、教科書の後ろにある単語リストで抜けがないかを確認しましょう。中学3年間の教科書に載っている単語を全て覚えていれば、公立高校の入試において単語で困ることはありません。

2.難関私国立高校を目指す中3生

難関私国立高校に合格するには、教科書の単語だけでは不十分です。
なので、単語帳を用意しましょう。
高校入試でる順ターゲット 中学英単語1800(旺文社)など、難関高校入試レベルまで網羅されているものがよいでしょう。
但し、用意するのは教科書の単語を全て覚えてからです。
難関校といえど、英文のほとんどは基本単語ですから。

3.大学受験を目指す高校生・中高一貫校の中3生

必ず単語帳を用意しましょう。
しかし、購入してすぐに片っ端から覚える必要はありません。
基本的に、中学時と同様「出てきた単語をその都度」でいいのです。
しかし、高校レベルの英文になると、出てきた単語の中には、二度と見ることのないような低頻度の単語もかなり出てきます。
それらを片っ端から覚えるのも非効率です。そこで、単語帳が判断基準となるのです。
未知の単語に出くわしたら、辞書ではなく単語帳の索引で調べましょう。
もし単語帳に載っていなければ、その単語は覚える必要ありません。
載っていたら、必ず覚えましょう。スペル・意味・発音とアクセントを正しく覚え、単語帳に載っている例文にも目を通し、音読しましょう。
辞書でもその単語を引いて、その単語に関する詳細まで目を通すとさらに良いでしょう。
そして、単語帳のその単語にをつけておきましょう。

勉強を進めるにつれて、単語帳の印がどんどん増えていきます。
ある時、わからない単語を調べたら、その単語に既に印がついていることもあるでしょう。
つまり、以前に覚えた単語を忘れていることになります。
この場合は、当然覚えなおしをして、もう1つ印をつけましょう。2度暗記したとわかるようにです。
英単語にも、覚えやすいものと覚えにくいものがあります。
やがて、印が3つ、4つ、それ以上つく単語も出てくるでしょう。
印が多い単語は、頻度が高くかつ覚えにくい単語です。
そして、印が多くなるにつれてなかなか覚えられない自分に腹を立て、「今度こそ!」という気持ちになるのです。

4.単語帳を使っての暗記

文法・読解手順が身につき、「単語さえわかれば大抵の英文は読める」という状態になったら、単語帳を使って暗記しましょう。
その時点では、単語帳にかなり印がついているはずです。
印のついていない単語を重点的に覚えましょう。
おそらく6~7割は印がついているでしょう。なので、暗記すべきは全体の3~4割でいいのです。
英単語ターゲット1900ならば、600~700語くらいでしょうか。
それ位なら、暗記が苦手な人でも頑張れば覚えられるでしょう。
その都度の暗記で覚えた単語知識で、すでに志望校の問題で合格点が取れるのなら、単語帳暗記は必要ありません。
その都度暗記を最後まで続け、余力は他の教科に費やしましょう。