英会話から身につけたい

英会話ができるようになりたい。
文法は面白くないけど、会話をするのは楽しいから、実用英語ベースで勉強したい。
それで受験も乗り切ることはできませんか?

英会話ができて、なおかつ受験英語でも高得点が取れるようになれば、それに越したことはないでしょう。
特にこれからは、受験英語と実用英語の違いが減っていく傾向になります。
実用英語を身につけることが受験英語にもつながっていくのです。

ところで、「実用英語=英会話力」と思い込んだりはしていませんか?
確かに、実用英語において会話力は大切です。
しかし、それと同じくらい「英文読解力」も大切な実用英語です。
英語で書かれた文を正しく読み取る力は、英文学や英字新聞、英文雑誌、輸入商品の説明書、そしてインターネットなど情報収集において非常に役に立ちます。
昨今、「読めるけど話せない…」という日本人が多いことから、読解中心の受験英語を「役に立たないもの」と決めつける傾向にありますが、英文読解力は上記のとおり実用性が高いものです。
また、会話重視で考える人の中には、「文法的に間違えていても、言いたいことが大体伝わればOK」という人がいますが、果たしてそうでしょうか?
確かに、日本人は外国語に対して「完璧」を求めすぎて、それなりの英語力があるにもかかわらず、会話力に自信を持てない傾向にあります。
多少間違えてもいいから、とにかく話すことで、意思疎通を図り、自信と経験を積み上げていくことは良いことだと思います。
しかし、それはあくまで初期段階だから許されることだと認識しなければなりません。
幼児が間違った日本語の使い方をしていても、言いたいことは何となくわかるので意思疎通はできます。
しかし、その間違った使い方をそのまま放置して良いのでしょうか?
その子の将来を考えたら、きちんと正すべきですよね。
間違いを恐れずに、積極的に発言することは良いことです。
しかし、間違いに気付いた時は、「通じるからOK」ではなくきちんと修正すべきです。
そして、正しいか間違っているかの判断根拠が言うまでもなく英文法なのです。

受験英語では「正しさ」が求められます。それは、4技能(読む、書く、聞く、話す)のいずれにおいてもです。
英語を正しく運用するためには、英文法の理解は必要不可欠です。
英語が話せるからと言って必ずしも入試で高得点を取れるというわけではありません。
帰国子女で英検準1級を持っていながら、センター試験では130点くらいしか取れないという人もいるのです。
英語の得点力を身につけるためには、まず英文法を学習しましょう。
それが4技能全てにおける土台になるのです。

英文法を「つまらない」と感じているのであれば、それはやり方が間違っているから。
正しく学べば、こんなに面白いものはありません。一緒に英文法のゲームを楽しみましょう。