なぜ勉強するの?②

こんにちは。ワンナインです。
台風が近づいて参りましたね。
かなり強いらしいので、用心しましょう。

さて、前回の続きですが、私の考える勉強する理由は
「人生を楽しくするため!」です。
あくまで私の考えですよ。念のため。

つまらない勉強でどうして人生が楽しくなるの?
わけわかんない!
そんな声が聞こえてきそうです。

では、勉強するとどんないい事があるのかを書きましょう。
 ①知識が増える
 ②考える力が身につく
細かく挙げればまだまだありますが、誰もがわかる上記2点から考えてみましょう。それだけで、勉強するメリットは感じられると思います。

まず①の知識が増えるとどんないい事があるのかを考えてみましょう。
皆さんは勉強で苦労して暗記して知識を頭に叩き込もうとすると思います。
そして、そんな苦しい思いをしてまで暗記する理由は「テストで点を取りたいから」「受験で受かりたいから」が大半だと思います。
確かに最初の動機はそうだと思います。しかし、勉強で身につける知識はテストで点を取る以外に役に立つことはないのでしょうか?
もちろんそんなことはありません。
勉強で覚えるべきことは大体決まっています。
ということは、勉強している人同士には共通の知識が生まれるということです。
今、どこかで勉強を頑張っている同学年の生徒が全国にたくさんいるわけですが、その人たちは、今は知り合いでなくても、将来(大学生や社会人になってから)知り合いになる人もいるでしょう。
楽しく会話するには「共通の話題」が欠かせません。
たくさん勉強して知識が豊富な人は、話題も豊富なのです。
色々な人と話を弾ませることができます。
知識が少ないと、会話についていけず人間関係も狭まってしまいます。
もちろん、話のネタは勉強だけではないでしょう。芸能界やスポーツ、ドラマなど、勉強していなくても話題になるネタはたくさんあります。
しかし、大人になるにつれて政治や社会情勢について会話をする機会が多くなります。しっかりと勉強していればこういう時にも役に立ちます。

次に②の「考える力」です。
こちらの方が大事だと私は思います。
皆さんの多くはゲームが好きだと思います。
また、パズルなどの知的ゲームも好きだと思います。
なぜなら、人間は本来自分の頭で考えて答えを出すことに快感を得られる生き物だからです。
皆さんの多くは、小学校低学年の頃は、算数が好きではありませんでしたか?
少し頭を使って答えをだし、それが合っているとうれしいですよね。
人間は脳に程よい刺激を与えることで、脳が活性化し充実感を得られるのです。
しかし、学年が上がるごとに勉強の難度も上がり、簡単に答えが出せなくなってきます。問題が難しすぎると、考える意欲が失せ、非常につまらないものに感じてしまうのです。
勉強嫌いはそこから始まるのです。
しかし、そこを我慢して頑張ってできるようになった時、簡単に答えが出せた時よりも遥かに大きな快感を得られるでしょう。
その快感を得るためにも、途中で諦めずに、自分の頭を使って考えることが大切なのです。

さて、話をまとめると、勉強を一生懸命やった人は、知識も豊富で、物事を自分の頭で考えることができる大人になります。
これは当然、仕事でも遊びでも大いに役立ちます。
社会人になれば、起きている時間の半分以上は仕事になります。
自分で考えられない人は、ただ上司から指示されたことを作業としてこなすだけ。
自分で考えられる人は、与えられた仕事の目的や他との関連性から、どうしたらより良くすることができるのかを考え、そこから新しいアイディアが浮かんだりします。そうすることで仕事にオリジナリティを産み出すことができます。
どちらの方が仕事を楽しめるか?一目瞭然ですよね。

勉強ができる方が、人生は絶対に楽しいです!
少なくとも、現代の日本社会で生きていくうえでは絶対にそうだと断言できます!
勉強ができない時期とできるようになった時期の両方を経験しているから断言できます。
勉強すれば、人生が変わります。必ず良い方向に変わります。
楽しい人生を送るためにも、勉強をがんばりましょう!


なぜ勉強するの?①

こんにちは。ワンナインの増山です。

今日は、多くの生徒が疑問に感じていると思われることについて述べたいと思います。

タイトルの「なぜ勉強するのか?」という問いに対する答えは、人によって様々だと思います。逆にこちらから、「どうして勉強しなくちゃいけないと思う?」と聞くと、大抵返ってくる答えは「受験に必要だから…」です。

確かに多くの人にとって、塾に通ってまで勉強するきっかけはそうかもしれません。スポーツ推薦などで学力試験無しで受験を突破する人もいますが、大抵の人は高校受験にせよ大学受験にせよ、学力試験が課されます。高校に行きたい、大学に行きたいとなったら、たとえ勉強が嫌いでも、入試の為に勉強しなければならないのが現実です。

では、さらに掘り下げて考えてみましょう。そもそも何故、受験において勉強が必要とされているのでしょうか?勉強とは受験を突破するためだけにするものなのでしょうか?だとしたら、勉強はあまり面白いものではありません。何せ受験という目的のために仕方なくやるのですから。

しかし、今回私が伝えたいのは、本来の勉強は受験のための手段ではないということです。人は勉強を通じて様々な事を習得します。文の読み書き能力、様々な分野の知識、論理的な思考力、判断力、理解力、さらに定期テスト勉強や受験勉強に向けた計画を立てたり、その通りに実行したり、できなかったことを反省したり…と、大学に入ってから、社会に出てから、役立つことがたくさんあります。それらの能力を身につけることが勉強の本当の目的だと私は思います。

世間では、「いい大学に入ればいい会社に入れて収入も高くなって…」とよく言われます。これを勉強のモチベーションにすること自体は悪くないと思うのですが、そもそも「いい大学に入ればいい会社に入れる」というのは真実なのでしょうか?「会社」というのはそれこそたくさんありますが、採用において「大学名」で決めているのでしょうか?一部そのような会社が今でもあるのは事実です。しかし、多くの会社は決して「大学名」で採否を決めているわけではありません。企業が欲しているのは「仕事ができる人」つまり「能力が高い人」です。難関大学出身者の多くは「能力が高い人」なので、採用試験に受かりやすく、結果として難関大学の就職状況がよくなっているのです。

受験勉強を教わったテクニックや知識の詰め込みだけで乗り切ろうとした場合、勉強自体つまらないものになるだけでなく、たとえそれで入試を突破しても、大学に入ってからの勉強や社会人になってからの仕事で苦労すると思います。しかし、自分の頭で考えることを意識した本当の勉強を続けていけば、勉強自体も面白くなり、必ず将来役に立ちます。

では、タイトルの問いに対する答えを出したいと思います。私の答えは2つあります。
①生きていく為に必要な能力を身につけるため
②人生を楽しくするため

①については、上記の通りです。②については意外に思う人も多いかもしれませんが、私の一番の考えは②の方です。それについては次回述べたいと思います。

定期考査復習講座

こんにちは。ワンナインの増山です。更新が遅くなって申し訳ありません。

本日は、定期考査が帰ってきたばかりの区立中学の皆さんへのメッセージです。

(もちろん、該当しない方も読んでくださいね)

定期考査の結果はどうでしたか?
満足できる結果だった人もそうでなかった人もいると思います。
では、テストの復習は行いましたか?
テスト前は多くの人が勉強をがんばります。
ところが、テストが終わった瞬間に気が抜けてしまい、復習をおろそかにする人が多いのも事実です。

定期考査直後こそ、学力を伸ばす絶好の時期です。
定期考査の結果は自分の弱点や今後の課題を見つける最適な材料なので、ただ点数に一喜一憂するだけではテストの効果を十分に活かせません。
テスト前に習得した事が抜けていない今こそ、高校受験に必要な学力が最も身につきやすい時期であり、テスト問題を分析することで、次回以降の考査の対策にもなります。
特に英語や数学のような積み重ねの教科においては、今回の範囲が次回以降の考査においても実質的なテスト範囲となるので、定期考査の復習は、次回以降の定期考査と高校受験の両方において大変役に立ちます。
しかし、復習と言っても何をどうしたらよいかわからない人も多いでしょう。
そのような人のために、期間限定で「定期考査復習講座」を開講します。
必要な受講教科および受講回数は各自異なるので、個別に相談して決めていきます。
詳しくは、お電話にてお問合せください。

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

ワンナインは本日より開講いたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

問題集・参考書の選び方

こんにちは。
今日は、主に大学受験生を対象に、「問題集・参考書の選び方」について述べたいと思います。

受験勉強に問題集・参考書は必要不可欠です。
問題集と参考書は基本的に別物ですが、昨今は問題も多く載せている参考書であったり、解説が非常に詳しい問題集であったり、その境界線は薄れています。
よって、問題集はこれ、参考書はこれ、といった具合に別々に考えるよりも併せて考えていきたいと思います。

教材選びで何よりも大切なことは、「自身の現状に適したものを選ぶ」ということです。
当たり前に聞こえるかもしれませんが、実はこれができていない人が多いのです。
基礎力が不十分なのにレベルの高い内容の教材に手をつけたり、早稲田志望だからといって安直に「早稲田の~」というものに手を出したり、知人が使っているから良さそうだと思ったり…

では、どのような選び方をすればよいのでしょうか?
それは、まず問題集・参考書を使う目的を認識することです。
「目的?受験勉強の為に決まってんじゃん!」
いいえ、そうではありません。
勉強とは、「理解・暗記・演習」を言います。そのうちのどれを目的とした勉強に利用するのかが大事なのです。
基礎力が不十分な人は、「理解」を測ることが必要です。
その為には、問題集も解説の詳しいものを選びましょう。
問題数は少なくてかまいません。
むしろ、少ない方がいいでしょう。
英文法が苦手なのに、いきなり1000題も載っている分厚い問題集に手をつけるのは無謀です。

暗記」を目的とするなら答えは明確ですね。
英単語なら単語集。
地歴公民なら一問一答集などです。
英単語集も、昨今はたくさん種類がありますね。
これも、自分の学力に合ったものを選びましょう。
高校初期や中3レベルの英単語も怪しい人が英単語ターゲット1900に手を付けても、なかなか覚えられないし、覚えたとしても中堅レベルの単語が抜け落ちた状態になってしまいます。

中学時代から英語が苦手だった人は、中学生向けの単語集から覚えましょう。
「えぇーっ!?高校生なのに?」なんて思わないように。
大学入試の英語は、「中1~高3の6年間」が試験範囲です。
そして、中学範囲の単語の方がはるかに頻度が高いのです。

高校から英語が難しく感じた人は、高校初期単語が多く載っているものがよいでしょう。

あとは形式です。
ターゲットのように頻度順で羅列されているもの。
速読英単語のように文章から出てきた単語をその都度覚えるもの。
Duoのように、例文から覚えるもの。
自分にとって覚えやすいものを選びましょう。

重要事項を理解し、必要事項がある程度暗記できたら、いよいよ「演習」ですね。
この段階では、理解は既にできているので、解説はそれほど必要ないでしょう。
解説は少なくてもよいので、問題数の多いものを選びましょう。
もちろん、志望校のレベルに近い難易度のものを選ぶ必要があります。
但し、「易しい問題に対するスピードと正確性を高めたい。」「基礎力の底上げをしたい。」と思ったら、やや低めのレベルの問題集を使うことも有意義であり、「難しい問題にも触れて、志望校の問題を簡単に感じられるようにしたい。」と思ったら、やや高めのレベルの問題集を使うといいでしょう。

整理すると、

「理解」の為なら、問題数が少なくて解説が詳しいもの

「演習」の為なら、解説は少なくていいので問題数が多いもの

を選びましょう。

このように、目的を明確にすれば、どのような教材を使うべきかがわかってきます。
そのうえで買う前に中身を確認して、「これなら大丈夫」と思ったものを買いましょう。
自分ではよくわからない…という人は、いつでも相談に来てください。

総合講座

こんにちは。

5月半ばだというのに暑いですね。

最近、寒暖差が非常に激しいので体調に気をつけています。

皆さんも風邪などひかないよう気をつけましょう。

特に今日のような猛暑日は熱中症に気をつけましょう。

 

さて、onenine では、小学生向けの集団授業も行っております。

4月より毎週水曜日15:20~17:10に総合講座という授業を開講しております。

総合講座って一体何やるの?って思われるでしょう。

その名の通り色々なことを学ぶのですが、開講してからこれまでの約1ヶ月の内容を紹介します。

 

☆季節の変化と日の出・日没はなぜおこるのか?

日本には四季があります。同じ日本の同じ東京都練馬区にいるのに、夏と冬では気候が大きく異なります。

この当たり前ともとれる現象がなぜおこるのか?

夏と冬では日の出、日の入りの時刻が大きく異なります。なぜか?

これらを、地球儀を使って地球の自転・公転・太陽との位置関係から視覚で分かるように説明しました。

北極圏の白夜(一日中日が沈まない日)や、逆に一日中夜の日、

アイスランドの日の出、日の入りの時刻など、子供たちはとても興味深く聞いていました。

そして、世界各都市の雨温図から、それぞれの都市がどこにあるのかを地球儀上で探すゲームを行いました。

「ブエノスアイレスは、7月の方が気温が低いから南半球だね。」

「ラパスは気温のグラフが真横だから赤道の近くだ。」

「カイロって全然雨降ってないじゃん!」

こんな感じで、子供たちは一生懸命探していました。

なかなか見つからない都市に対して、

「じゃあ、先生が教えようか?」と言うと、

「待って!もうちょっとで見つけるから!」と言われました。

自力で答えを見つけようとする姿勢は素晴らしいです。

 

5月からは、日本国内に目を向けた地理・地学を勉強しています。

総合講座で扱う内容は、教科でいうと主に理科と社会になりますが、決して今日は「理科」とか「社会」といった区分けはしていません。

学問はすべてつながっています。それは小学校で学習する内容にもあてはまります。

身近な現象を、自然科学と社会科学の両面でとらえてほしいと思っています。

そして、あらゆる物事に興味関心を持ち、自分で物事を考えられる人物に育ってほしいと切に願っています。

 

今日の様な暑い日には、

「なぜこんなに暑くなるんだろう?」

「茨城は東京よりも北なのに、どうして今日の最高気温は東京よりも高いんだろう?」

そんな疑問を持てるようになるといいと思います。

そして、総合講座で学んだことを自分なりの答えの手掛かりにしてもらいたいです。

 

入試

こんにちは。

更新が遅くなり申し訳ないです。

かれこれ1ヶ月近く経ってしまいました。

私がブログをさぼっている間にも、中学入試と私立高校入試が終わってしまいました。

 

さて、ワンナインの受験状況は今のところ順調です。

中学入試も私立高校も無事合格しています!

次は都立一般入試!

残すところあと9日です。

入試は範囲が広いので、直前期だと「今更やっても…」って思ってしまいがちですが、

都立高校の入試問題は教科書の内容が理解できていれば解けるものばかりです。

全範囲を見直す時間はもう残されていませんが、特定の単元だけでもしっかり復習すれば、

その単元の問題は解けるようになります。

特に理科は、全単元から満遍なく出題されるので、直前期に勉強した単元が全くでなかった…

なんてことはありません。

直前期での努力も報われます!

入試は非情なもので、たった1点差で合否が分かれることもあります。

だから、後悔しないためにも最後まで精いっぱいやりましょう!

 

センター試験②

こんにちは。増山です。

昨日に引き続き、センター試験について語りたいと思います。

まず、昨日のブログに1点訂正があります。

地理Bのムーミンの問題について、

私は、「あまり良くない」と書いてしまいましたが、

あの後、再度考えたのですが、決して悪くはありません!

ある意味非常に良い問題です!

あえて苦言を言うならば、センター試験には難しすぎると言ったところでしょうか。

もし、出題したのが東大や早稲田などの難関大学ならば、面白い問題と評価されるでしょう。

 

では、わたしが今回「非常に良い」と評価した理由を説明しましょう。

入試問題には、単に知識を問う問題と、思考力を問う問題があります。

地理も含め社会は全般的に知識を問われる暗記科目だと思われがちです。

もちろん、覚えるべき事も多く、暗記に時間をたくさん費やさなければならないのは事実です。

しかし、出題される問題の全てにおいて、知識の有無が問われているわけではありません。

知識がなくても、与えられた問題文や資料、図などから解答を導くことは可能です。

今回のムーミンの問題はまさにそれです。

他にも、普通の高校生はまず知らないような事を聞かれているが、実は基本知識と問題文や資料からわかることを組み合わせて考えれば解ける問題はたくさんあります。

しかし、地理(というか社会全般)は暗記科目だという固定観念からか、考えるより覚える方がラクだという気持ちからか、必要以上に知識を詰め込もうとする受験生が多くいるのも現状です。

そういう受験生に対して、「知識ばかりを詰め込めばいいってもんじゃない!」と警鐘を鳴らす意味では、非常に良い問題だと思います。

昨日も書きましたが、「誰もが知らない」という状況は「平等」なのです。

そういう状況こそ、受験生の真の学力が測れるのではないでしょうか?

多くの問題では、「誰もが知らない知識」として、その科目に関する知識が使われます。

地理の問題であれば、ある国の輸出品目や貿易相手国など、全ての国について覚えることなど不可能であり、出題側もそんな知識を持っていないとの前提で問題を作っているのです。

しかし、それに対して愚かな受験生は「入試で出題された!だから覚えなきゃ!」となってしまうのです。

でもさすがに、地理の学習で「ムーミン」まで知識の幅を広げる必要がないことくらいわかるでしょう。

そうなったら、あらゆるアニメに関する知識まで覚える羽目になってしまいます(笑)

 

今回の地理の出題は世間をすこし賑わせましたが、高校生の皆さんはこれを機に、真の学力とは何かを考えて頂けると喜ばしいです。

 

昨日、「次回は英語について」と描きましたが、地理の件の訂正がすごく長くなってしまったので、英語の件は次回に延期します。

 

 

センター試験

こんにちは。増山です。

センター試験が終わりました。

受験された皆さん、お疲れさまでした。

自己採点結果に満足している方、そうでない方いると思います。

しかし、結果はもう変えられません。

真摯に受け止め、今後の受験をどのようにするかを考えましょう。

冷たいようですが、こればかりは現実を直視するしかないのです。

 

さて、センター試験の内容ですが、地理Bでムーミンが登場し、少し話題を賑わせましたね。

当の地理B受験生は、想定外の問題に慌てふためいた人も多かったと思います。

もちろんムーミンがどこの国のお話かなんて地理の教科書には載っていませんし、

悪問だと非難する人も多いように思えます。

しかし、今朝のめざましテレビ(フジテレビ)にて、Z会に方が説明していましたが、

これは決してムーミンに関する知識を問う問題ではありません。

2つのアニメ図(「ムーミン」と「バイキング ビッケ」)のうち、

ノルウェー、フィンランドのいずれかを選ばせる問題ですが、

バイキングは「海賊」の意味であり、ノルウェーとの関連が強いことが推測できます。

よって、ムーミンはフィンランドということになります。

まあ、所詮推測の域を出ることはできないかもしれませんが、

知らないからと言って、お手上げになっては大学受験生としては二流以下です。

ムーミンがどこの国かなんて、普通の受験生は知りません。

そう、「知らない」という点において平等なのです。

もちろん、地理の学習で出てくるものではありません。

だから、ムーミンの知識が聞かれているのではない。

きっとどこかに、解答の手掛かりがあるはずだ!

そういう意識を持って解答に臨むのが一流の大学受験生のあるべき姿です。

まあ、あまり良い問題とも思えませんが(笑)、

かといってそんなに批判すべき問題でもないかと思います。

むしろ、先程も述べたように、

「知らない」=「解けない」

「教科書にも出ていない」=「問題が悪い」

と決めつけて批判する受験生の方に反省してもらいたいと思います。

 

さて、私の専門である英語の問題は、

面白かったです!(私個人の感想)

簡単な解説も含めて、次回のブログで語りたいと思います。

 

教育改革

こんにちは。増山です。

昨日、埼玉県の中学入試が始まりましたね。

模試とは全然違う雰囲気を感じたと思います。

そして、いつもはやらないようなミスをしてしまった人もいると思います。

多くの学校では既に結果が出ていますが、受かった人もそうでない人も、

まだまだ入試は始まったばかりです!

多くの人にとっては本命の入試は2月になるでしょう。

今回受かったことで、本番も受かるだろうと高をくくっていると痛い目にあいますよ。

また、今回残念な結果でも、本番までまだ時間はあります。

落ち込んでいる暇はありません。

最後に笑う人になりましょう!

 

さて、昨日のあさイチ(NHK8:15~)で「教育改革」が取り上げられました。

学校の授業スタイルが大幅に変更になるのです。

目的は、

①知識の習得よりも、知識を使う力を養う

②思考力・判断力・表現力を養う

内容は、

①先生が一方的に教えるのではなく、生徒が主体となるアクティブラーニングを行う

②入試問題は、表現力を見るため「記述問題」を増やす。

※内容の②に関しては、センター試験が廃止され「大学入学共通テスト」が導入され、

そこでの国語と数学の試験に記述問題が導入されます。

それによって、従来のセンター試験(全問マークシート)では測れなかった表現力を測ろうという意図です。

 

私個人の意見としては、従来のセンター試験は決して悪いものではありません。

確かに全問マークシートなので、表現力を測ることはできないかもしれませんが、思考力と判断力を測るには非常に良い問題だと思います。

世間で言われている「知識偏重問題」では決してありません!

なぜなら、知識はもちろん必要ですが、単純暗記だけで解ける問題ではないからです。

上記の目的①の「知識を使う力」がなければ解けない問題がほとんどです。

センター試験では測れない表現力は、各大学が独自の問題で問えばよいと思います。

私が「大学入試共通テスト」に対して疑問に思うのは、「答えの決まっていない問題に対して平等な採点ができるのだろうか?」ということです。

センター試験に代わっての試験となると、受験者は全国に及び、その数は数万人です。

これを採点するには当然複数の(それもかなり多くの)採点官が必要となります。

1,2点の差で合否が分かれる入試において、採点の公平性は必須事項です。

よって、国立大学は記述の採点に不平等が生じないように細心の注意を払っているのですが、

全国規模の入試で出来るのでしょうか?

まあ、私ごときが心配する問題でもないかもしれませんが(笑)

だから、従来の国立大学のように、センター試験+個別試験での合否判定は最適だったと思います。

しかし、昨今、センター利用入試を導入する私立大学が非常に多くなっています。

それらの多くは、センター試験の得点のみで合否が決まってしまうのです。

それで、表現力が無くても大学入試(それも、それなりに難関とされる大学)を突破できてしまっているのも事実です。

そのことから、問題視されるようになったのではないでしょうか?

 

さて、話は教育改革に戻りますが、私は基本的にこの教育改革には賛成です。

真の学力向上が私の信条ですが、その中には当然「表現力」も含まれます。

せっかく理解したことも、表現できなければ、あらゆる物事(テストや日常生活)に応用できません。

これでは、勉強した意味がありません。

その為、私は授業中に、一方的に話すのではなく、なるべく生徒に発言させるよう心掛けています。

もちろん、うまく話せる人とそうでない人がいます。

でも、話すのが苦手な人も、内容を整理しながら問いかけると次第に口数が多くなります。

「大学入試共通テスト」には疑問を感じますが、基本路線は良い方向に向かっているように思います。